話し方教室 教養講座-コーチングで企業の生産性を向上させ、個人の可能性を引き出せ!

コーチングを通じて、仕事に対する目的や意識が明確になる

「ビジネスプラス」では、コーチングを通じて働く意義、仕事に対する目的や意識が明確になると説明している。

企業・組織の生産性を向上させ、個人が最大限の可能性を発揮できるように支援するうえで、コーチングは効果的かつ効率的なアプローチである。パーソナライゼーションが重視され、コーチは、クライアントの目標達成に向けて一人一人に応じた取り組みを提供する。

それゆえ、クライアントは、コーチングを通じて自分自身の価値観や信念が明確になり、仕事の意味や目的、働く意義が見出せるという。

コーチはクライアントに質問し、クライアントは自分の頭で考え答えを生み出す

コーチングは、「トレーニング」などの育成プロセスではない。非指示的であり、「ティーチング」はしない。

クライアントの目標達成に向けた長期的成長に焦点を置き、なかでも、傾聴が重視される。コーチングプロセスを通じて、コーチはクライアントに質問を投げかけ、クライアントは自分の頭で考え、自ら答えを生み出していく。

コーチングは質問に基づき、全ての質問には必ず意図がある。

コーチングでポジティブ思考とマインドセットを身に付けて成長する

コーチングを通じて、クライアントの思考パターンや意思決定プロセスは変わり、否定的な思考(ネガティブ思考)から肯定的な思考(ポジティブ思考)へ転換する。

コーチングのマインドセット(考え方や物事の捉え方)が身に付くと、他者と比べることなく、自分自身をしっかりと見つめられるようになる。その結果、自己の成長に繋がる。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓