話し方教室東京 教養講座-相手の感情を読み取り、より良いコミュニケーションの実現を!

非言語コミュニケーションから、相手の感情を読み取る

ビジネス・ツー・コミュニティでは、相手の感情を読み取ることはコミュニケーションにおいて大切だとする意見を掲載している。そこで手がかりとなるのが非言語コミュニケーションだと指摘。

コミュニケーションは、情報やアイデア、意見を共有するプロセスで、お互いを知り、絆を深めるために重要なスキルだ。そこで相手をよく理解するため手がかりが非言語コミュニケーション。見るべきポイントを5つを紹介しておこう。

相手の表情とジェスチャーから、感情を読み取る

まずは、顔の表情。幸福、驚き、怒り、悲しみ、嫌悪感、軽蔑、恐れなどの感情は世界共通、普遍的なものであり、読み取りやすい。

ジェスチャーは、感情や感情のコントロールを指し示す。意図していない自然なものとして、体の一部に触れたりペンをいじったり様々なものがあるが、そこから相手のメッセージを読み取ることができる。

姿勢と動きにも注意が必要だ。腕を広げれば開放的、腕を組むと防御や受け入れない姿勢を伝えている。

相手の声と視線から、感情を読み取る

またパラ言語学、声のトーンやピッチ、抑揚などで表現される。この変化によって、相手の意図するものが何か、考えていることが何かを理解する手がかりとなる。

そして最後に、視線。目は嘘をつかない。アイコンタクトは、情報収集、気づき、他者とのつながりを確立するのに役立つ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会