話し方教室東京 教養講座-職場で求められるコミュニケーションスキルを改善せよ!

コミュニケーションスキル向上は、もはや仕事の一部

現在は対面式だけではなく、メールや音声、ビデオ通話など多様なコミュニケーション方法が存在するため、コミュニケーションスキルを向上させることも仕事の一部だと言える。

では職場で求められるコミュニケーションスキルを改善する方法にはどんなものがあるのか「キャピタル プレイスメント」の記事で紹介している。

相手を尊重して、積極的に、プラス思考でコミュニケーション

どんな職場でも、新しい事業方針への不満や意見の不一致などが起きるが、そうしたネガティブな状況でも積極的にコミュニケーションを取ることが重要になってくる。正直かつ慎重に言葉を選び、常にポジティブな姿勢で対応することで、課題や問題点のポジティブな部分を強調することができるだろう。

また、互いに尊重してコミュニケーションを取ることで、人間関係やオフィスの雰囲気などといった職場環境が改善され、より仕事に集中できる空間の創出が可能だ。相手に物事を依頼する場合は「お願いします」を、誤ったことをしてしまった場合は「謝罪の言葉」を言えるようになると良い。

相手の話をよく聞き「関心と関与」を示す、フィードバックを求める

コミュニケーションを取る際には、あなたが話すことと同じくらい、アイコンタクトをして笑顔をつくり、相手の話によく耳を傾けることも重要だ。それをした上で、聞いた話を要約して質問をすることで、相手に対して「関心と関与」を示すことが可能だろう。

また、フィードバックを常に求めて、改善点を模索することも大切だ。定期的にフィードバックを求めることで、否定的な意見などに立ち向かい、建設的に対処する能力の向上につなげられる。悪い評価を受け入れるだけではなく、上司との会話の機会を設けることで、改善のための実用的なステップを生み出すこともできる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会