話し方教室東京 教養講座-顧客とのコミュニケーションを子育てに学ぶ!

子育てのコミュニケーションと、顧客とのコミュニケーションは相通じる

子供たちに感謝の気持ちや靴ひもの結び方を教えることから、どのコースを履修して、どの大学に申し込むかを決めるまで、親は子供の成長に重要な指針を与える。

しかし親があまりにも育児全般に手をかけて、子供が自ら学習して成長することを妨げてしまう親もいる。親と言うものは子供の自立を奨励しながら、成長に必要なサポートを提供する際のバランスを取るのに苦労するものである。

この親子関係の複雑さは、企業と顧客との関係に通じるものがある。多くの親と同じように、企業は顧客とのコミュニケーション不足とコミュニケーション過剰のバランスを取るのに苦労しているのである。

CMSワイヤーに、企業が適度なコミュニケーションを提供することによって顧客とつながる方法が記されていたのでご紹介しよう。

カスタマーコミュニケーションは顧客にとって快適な方法でつながること

子供たちがサポートを必要とするときに親を求めるように、顧客は企業に対して、不要なサポートは提供してほしくないものである。

顧客と有意義な関係を築きたい企業は、顧客にゴリ押しすることなく質問への回答や顧客の懸念への対応にすぐに対応できるようにしておくと同時に、ガイダンスとサポートを提供するために、いつ、どのようにして対応できるかを明確にしておくべきである。

親子が良好な関係を築くには、コミュニケーションの成功が不可欠である。3歳の子供と12歳の子供とではコミュニケーション方法が大きく異なりはするが、あくまでも親らしく子供に共鳴する方法で話しかけることが重要である。

この精神はカスタマーコミュニケーションにおいても同様で、生産的な会話を通じて顧客とつながることを目指す企業は、顧客が自然に最も快適な方法で話すことができるようにする必要がある。

プライバシーを尊重し、思慮深く、信頼関係を構築すること

また一部の親は、子供の日記やメールなどをのぞきたくなることがあるかもしれないが、できればこの種の行動は避けるべきである。常にオープンで正直なコミュニケーションを優先し、親への信頼の基盤を確立するよう努めるべきである。

企業が顧客とコミュニケーションを取るときも同様で、特定の個人情報がどのように収集されたか、顧客の利益のためにどのように使用されるかを明らかにして、顧客のプライバシーを尊重することを明言しなければならない。

さもなければ顧客を疎外するリスクを負い、信頼関係が脅かされる。優れた子育てのように、カスタマーケアは思慮深い努力が必要なのである。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション能力開発の名門・日本コミュニケーション学院 東京/ビジネスコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供