人間関係・対人関係の話し方教室(東京)|気が合わない人との関係を改善する話し方・聞き方のスキルとは?

気が合わない人との関係改善は、時間が経つほど困難になる

気が合わない人と職場で働いていたり、生活していたりする人は珍しくない。しかし、その多くの場合はコミュニケーションの欠如が問題であり、それを認識して行動に移すだけで改善できる可能性がある。ベティー・ロッホナー氏がコーナーストーン・コーチング&トレーニングの記事で、その方法を紹介している。

気が合わず良い関係を築くことが難しいと思ってしまう人は、長く時間が経つほど状況の改善が難しくなる。そのため、相手が「失礼なのか」、「偉そうなのか」など具体的な問題点を考え、可能な限り早く解決に向けた積極的なコミュニケーションをとると良い。

時には厳しい会話も必要だが、あくまでも問題点にフォーカスした話し方を

ほとんどの人が衝突を避けて穏やかな会話をする傾向にあるが、必要なときには厳しい会話をすることも大切。言いたいポイントを書き留めて、信頼できる人と練習してから、実際にコミュニケーションをとるべきだ。

気が合わない人とは「人」ではなく、「問題点」にフォーカスしてコミュニケーションをとることが求められる。相互間にある対立やストレスを引き起こしている原因をつきとめるために、「今、話すことができますか?フィードバックをしても良いですか?」などと始めると良い。

それからポジティブな内容で話を始めて、「問題について話し合う必要があると感じています。」としっかりと伝えることが大切だ。

また、相手の話も落ち着いてしっかりと聞いて、時間を割いてくれたことに感謝する気持ちを示すことも忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会