あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で自信を持って堂々と話す秘訣!

徹底した事前準備で、人前で話す不安や緊張を軽くする

「ライフハック」では、人前で話すことに対する苦手意識、不安・恐怖、緊張を軽減するコツを紹介している。

パブリックスピーキングでは、自信をもって堂々と話すことが重要である。しかしながら、緊張などのネガティブな感情を強く抱いていると、自信のない話し方になってしまう。

人は、知らないことに不安や恐怖を感じやすい。そのため、パブリックスピーキングに対する苦手意識、不安・恐怖、緊張を軽くするには、徹底した事前準備が重要になる。

パブリックスピーキング内容、聞き手、会場について十分に知る必要がある。話し手自身が理解できない内容は、分かりやすく伝えることはできない。聞き手の共感や理解を得るには、まず、話し手がパブリックスピーキング内容を正確かつ確実に理解する必要がある。

また、誰しも、知らない人や知らない場所は緊張する。そのため、どのような場所で、どういった人に対して話すのかを分かったうえで話すことにより、パブリックスピーキングに伴うネガティブな感情は軽減できるという。

スピーチ当日は、時間に余裕を持って行動する

時間に追われれば追われるほど、心もまた余裕がなくなる。時間のゆとりは、心のゆとりに繋がる。

ただでさえ、パブリックスピーキングに対して不安や恐怖、緊張を感じている。そこに、開始時間に間に合わない状況が加わると、さらに気持ちは焦り、緊張を増幅させる。

そこで、パブリックスピーキング当日は、時間に余裕をもって行動する。開始時間に余裕をもって会場に到着し、資料などを最終確認しながら気持ちを落ち着かせる。時間に余裕をもつことで気持ちにゆとりが生まれ、冷静になれるという。

聞き手の様子や会場の雰囲気を読み取り、同調して聴衆を引き付ける

パブリックスピーキングにおいて、話し手は、聞き手の理性および感情に訴え、メッセージを伝える。聞き手に話を聞いてもらい、理解を促すには「状況認識」が求められる。

「状況認識」とは、自分の周囲で起こっている状況に注意を向け、その状況を理解する能力である。聞き手の様子や会場の雰囲気を読み取り、それに同調することで聞き手の興味・関心、共感、理解を得やすくなるという。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会