話し方教室東京 教養講座-パブリックスピーキング能力を高める秘訣!

パブリックスピーキングの練習時間を確保して練習する

「ハブページズ」では、パブリックスピーキング能力を高めるコツを紹介している。

「忙しくて時間がない」と言い訳せず、時間を有効に使って練習を重ねることにより、パブリックスピーキング能力は向上するという。

時間は有限であるものの、多くは自分が思っている以上に時間を持っている。ただ、有効に使えていないので、時間がないと思いがちである。

つまり、パブリックスピーキングの練習時間は工夫すれば確保できる。例えば、パブリックスピーキングの制限時間が15分である場合、どれほどの言葉を話す必要があるのかを考えながら練習してみる。長々と話すこと、多くの情報を伝えることが良いわけではない。

聞き手が求めている情報を、聞き手の理解や共感が得られる話し方で伝える

パブリックスピーキングでは、話の内容が重要になる。話の目的、伝えたい情報や重要な内容を明確にしたうえで、話の構成や展開、さらには話し方や伝え方を考える。

その際、聞き手が求めている情報、聞き手の理解や共感を得られる話し方、聞き手の記憶に残る伝え方など、聞き手目線を意識する。話し手主体の話の展開や話し方では、聞き手の理解や共感を得ることは難しい。

パブリックスピーキング能力開発は、適切な目標設定と人前で多く話すこと

理想を高く持ち、現実的に達成が困難な目標を設定しても達成はできない。それゆえ、スキルアップには、適切な目標設定が不可欠となる。まずは、とにかく人前で話すことに慣れる、次に、聞き手のニーズに応じた内容を話すことを意識するなど、少しずつ着実かつ確実にレベルアップしていくという。

特に、自問自答を積極的に行うと良い。「自分はどのような印象だったのか」「伝え忘れたことはないか」など自問自答を意識的に行うと自己認識ができ、目標とする姿を具体的にイメージできる。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会