あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で話すスピーチ恐怖症、不安、緊張を克服する秘訣!

人前でのスピーチは、この世で最も恐ろしいもの

「ウェブネディオ」では、パブリックスピーキングに伴う恐怖や不安、緊張を克服するには、ナイーブな状態を素直に受け止め、その背景にある要因を正しく理解することが重要であると強調している。

人前で話す状況に対して苦手意識をもつ人は多く、この世で最も恐ろしいものといわれる。パブリックスピーキングに伴う恐怖を克服することは難しいが、正しい方法によって乗り越えられるという。

スピーチ恐怖症、緊張、あがり症をありのままに受け止める

まずは、恐怖や不安、緊張といったネガティブな感情の背景にある要因を突き詰める。多くの場合、過去の体験や経験、トラウマが人前で話すことを妨げている。そして、本人が気付かないうち大きな問題となり、コミュニケーションに悪影響を及ぼしているという。
そこで、恐怖の背景にある要因を明確に把握したうえで、恐怖や不安、緊張などのネガティブな感情をありのままに受け止める。ナーバスな状態を素直に受け入れることが、パブリックスピーキングに伴う恐怖を克服するための大切な一歩といえる。

聞き手は最高レベルのスピーチを求めていない、友人と話すように伝える

そもそも、聞き手は世界クラスやトップクラスのスピーチを求めているわけではない。パブリックスピーキングにおいて重要なのは、自分の最善を尽くすことである。

聞き手は最高レベルのパフォーマンスを求めていないと認識できると、パブリックスピーキングに対する恐怖や不安、緊張は和らぎ、リラックスできるだろう。

また、聞き手を聞き手として捉えるのではなく、例えば、長い間会っていない友人、長年の友人など捉え方と変えることにより、話し方や伝え方は良い方向に変化する。より親しみを込めてアイコンタクトを図れ、より自然な対話ができる。

そして、一人ずつ目を合わせながら、友人と会話するように語り掛けると良い。パブリックスピーキングを困難にする最も重要な要因は、大勢を前にして話すことである。そこで、全体ではなく、一人に向かって話し掛けるように目線を配り、パブリックスピーキングを展開すると良い。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓