話し方教室「ビジネスでの女性同士の人間関係を良好にするには」(話し方ニュース東京)

女性は同性に対して、開放的コミュニケーションスキルが欠如

概して、ビジネスにおいて、女性同士は非協力的な関係にあるといわれる。女性は、同性に対して実直な、開放型コミュニケーションスキルが欠如する傾向にあるという。

しかしながら、ビジネスにて成功を得る為、女性同士は相互を尊重した、肯定的で協力的な関係構築が有益である。

「ザ・ビジネス・ジャーナルズ」では、ビジネスにおいて女性同士を協力的関係に改善すべく、コミュニケーションスキルの助言を行っている。

女性は同性に対して、批判的存在

女性は、同性同士で業務を遂行することによりビジネス機会が狭められ、女性の成功は同性の可能性を妨げると考えている。その為、同性に対して批評・批判的であり、妬み・羨みを抱くことが少なくない。

一方、男性は、同性に対して仲間意識が高く、協力・協調的な関係が構築できる。

ビジネスでの女性同士の関係は、相互助言関係を目指そう

女性は同性に対して批判的である為、相互助言関係を目指す必要がある。相手に対して助言しつつ、相手の助言を受け入れる。

ビジネスにて成功を収めた、潜在能力が高い女性が中心となり、女性に共通する課題やビジネス機会について定期的に発信し、議論する ことも重要である。

また、仲間意識を高めるには、女性組織への参加、共通の趣味を持つ女性同士でのグループ形成が効果的である。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室ニュース・スタップ委員会