日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室 NEWS:良質なリーダーシップを発揮する秘訣とは

 
リーダーは身をもって周囲の模範となること
リーダーは身をもって優れた模範を示すことにより、良質なリーダーシップを発揮できるといわれる。

対人関係に無頓着で軽率である場合、周囲は誰一人としてリーダーが示す模範に倣わない。リーダーは自己認識を高め、周囲が積極的に従うような模範を意識して示すことが求められる。


John Hall(ジョン・ホール)氏は、「Forbes」にて、リーダーシップにおいてリーダーが示すべき模範について紹介している。

 
リーダーシップ/イメージ画像:pixabay

リーダーは、前面に立ち、周囲の模範になる必要がある。リーダーとして自分の仕事を円滑に進め、周囲に対して会社に対する影響力や貢献度を示す。

特に新規、大きな目標下にて業務を遂行する場合、リーダーは指針となって周囲をサポートし、正しい方向に導く。

職場内の優位性を排除する環境づくりを行うこと
リーダーには、職階、技術や専門知識などによる職場内の優位性を排除し、個々が評価される環境作りが求められる。

職場内の優位性は、モチベーションを下げる要因となる。

周囲の評価を気にしないこと
リーダーは、言動に自信を持ち、周囲から否定的に受け止められる状況も受け入れる。ホール氏は、誰からも好かれようとして、努力のベクトルを間違えてはいけないと教授する。

周囲は、リーダーが示す模範の影響力、企業の方向性に与える影響により、肯定的にも否定的にも受け止める。リーダーは、周囲の受け止め方に一喜一憂しないように努める。

周囲からの評価を受け入れること
周囲からリーダーに対する評価は、リーダーを成長させる。リーダーの示す模範が周囲に肯定的影響を与え続ける為には、リーダーは周囲の評価を受け入れ、言動に反映させる必要がある。

■外部リンク
Forbes
https://www.forbes.com/


話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタップ委員会/リーダーシップ

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。