話し方教室「犬の『YES』,『NO』コミュニケーション・トレーニング」(話し方ニュース東京)

犬のコミュニケーション・トレーニング

オーストラリアのデイリー・テレグラフでは3月23日、犬のメンタルヘルス対策として、犬が自分のしたいことを選択できる、コミュニケーション・トレーニングが大切という専門家の意見をまとめている。

犬が「散歩したくない」と、自分の意志を伝えた

犬の行動療法士、アベル氏は5歳のジャーマン・ショートヘアード・ポインターに対し、足を使って意志を伝える方法を教え始めた。氏の質問に犬は「YES」であれば氏の右手に触れる、「NO」であれば左手、という具合だ。

1週間訓練してみると、犬はすべて「YES」という傾向にあったが、ある日就寝前の散歩に対し「NO」を示した。

トイレに行かなくてすむように夜の散歩は習慣になっていたが、この日は雨。もともと濡れるのが好きではないこの犬は、散歩を拒否したのである。

しかもこの夜は、氏が心配していた「トイレ」で目を覚ますこともなかったという。

意志の力、コミュニケーションの力は、犬の精神ケアになる

不安やストレス、うつ病になる犬は実は多い。自身のコミュニケーション手段を持たないことも要因のひとつだという。

もちろん時には明確な指示を与えることも必要だが、ペットが何をしたいのか、何を食べたいのかなどを選択させ、意志の力をつけることもストレス軽減につながるという。コミュニケーションの力である。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会