言語コミュニケーションの話し方教室 NEWS:「言語」の起源は、本当に「ジェスチャー」なのか - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

言語コミュニケーションの話し方教室 NEWS:「言語」の起源は、本当に「ジェスチャー」なのか

 
「言語の起源」論争
言語の起源は、ジェスチャーにあるという考えがある。Natureでは3月29日、その主張を否定する、生物学者マーク・パジェル教授の主張を掲載している。

 
画像:photoAC

「指を指す」は、子どもの初歩的コミュニケーション
人間がほかの動物と比べて優位に立ったのは、「言語」の存在だと考えられている。人間の言葉は動物の表現とは違い、物事を説明する ことができる。

「ジェスチャー」から「言語」への発達に寄与したのは、ミラーニューロンであるとしている。ミラーニューロンは、ほかの個体の行動を見て、まるで「鏡」に写ったように同じ反応を起こす脳の働きのこと。

その代表的なジェスチャーは、「指す」行為だという。「見て」、「取って」など、子どもが初歩的なコミュニケーションを行うのはよく見かける光景だ。

「言語の起源はジェスチャー」とは、まだ言えない
しかしパジェル教授は、ジェスチャーが霊長類の言語の起源だとすると、ほかの動物も「指す」ことが伝達手段として発達していなければならないと主張する。

イヌは人間の指す行為を理解することはあっても、ほかのイヌに指図したりはしない。チンパンジーは可能だが、意図的なコミュニケーションはない。

さらに「発声」の観点からも、言語の起源がジェスチャーとするには、結論としてまだ成立しないという。

■外部リンク
Nature
http://www.nature.com/


話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタップ委員会/言語コミュニケーション

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。