話し方教室「メッセージアプリ活用による、一対一のコミュニケーション」

マーケティング戦略としてのメッセージアプリの活用

近年、企業は、フェイスブック・メッセンジャーなどメッセージアプリをブランド・マーケティング戦略として導入する傾向にある。

「カスタマー・シンク」では、ブランド・マーケティング戦略におけるメッセージアプリの活用を教授している。

メッセージアプリで、一対一のコミュニケーションが可能に

ブランド・マーケティング担当者にとって、メッセージアプリの活用は利点がある。

メッセージアプリの活用により、企業は、ターゲットとなる消費者と一対一のコミュニケーションが可能となる。消費者と親密で深い関係を築け、肯定的な顧客経験価値(感覚的、感情的な付加価値)を創出できる。

また、顧客とブランドを直接的に繋げることで、顧客エンゲージメント(企業と顧客・消費者の関係性)やブランド価値は高まる。

消費者の生活において、ブランド価値や顧客経験価値を構築することにより、購買意欲が生まれる。

ソーシャルメディアでは個人的、直接的、私的会話はできない

消費者は一対一のコミュニケーションを求めている為、ソーシャルメディアによるマーケティング戦略は不十分であるといえる。ソーシャルメディアでは、個人的、直接的、私的会話はできない。

フェイスブック・メッセンジャーなどSNSアプリにより、企業は、特定の消費者に対して、特価提供や販促イベントを告知できる。

また、チャットボットは、カスタマーサービスなど企業と消費者の間における一対一のコミュニケーションに適している。特に、チャットボットは、多言語、365日24時間に対応可能であり、人件費を削減できる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会