話し方教室「ソーシャルメディア時代の女性起業家たちのコミュニケーションスタイル」(話し方ニュース東京)

女性起業家はソーシャルメディアを積極的に利用

科学系ニュースを扱う米国のPhys. Orgは4月4日、女性起業家に関する研究を紹介した。この研究はコーネル大学とテンプル大学の研究者によって行われた。

科学、テクノロジー、工学、数学などの分野は伝統的に男性の活躍がめざましい。研究ではデジタル・メディア業界の女性起業家22人にそれぞれの活動についてたずねた。その結果、全員がフェイスブックなどのSNSを積極的に利用していることがわかった。

女性たちは伝統的な「女らしさ」の概念に縛られてしまうと感じ、成功するためにより多くの労働とリスクを受け入れていることがわかった。

女性起業家たちの話し方に伝統的な「女性らしさ」が見られる

女性は社交的で、感情的な表現が豊かだとされている。女性起業家たちはそうした考え方に沿ってソーシャルメデイアで人々と緊密な関係を保つことが成功に不可欠だと感じていた。

そのためにはプロフェッショナルな場面であるにもかかわらずプライベートなことを公開する必要に迫られる、多くの人の呼びかけに応える義務を感じるなどのプレッシャーがある。さらに個人との関係が親密になりすぎてもいけない。

女性起業家たちの話し方にも伝統的な「女性らしさ」の概念に沿った謙虚さがうかがわれた。

研究者は、デジタルメディアは伝統的な考え方や社会の構造に変革を促すより、むしろそれを助長させている面もあるとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会