話し方教室「アメリカのビジネスパートナーに対するコミュニケーション術」(話し方ニュース東京)

各国のビジネスパートナーに応じたコミュニケーション

国際的な顧客を獲得するには、各国の個々に応じた対応が求められる。

オーストラリアの制作会社であるローター・スタジオのスコット・ブラッドリー氏は、「マイビジネス」にて、アメリカのビジネスパートナーに対するコミュニケーション術を紹介している。

アメリカ人とは、対面コミュニケーションが重要

第一印象を良くする為に、経営者は最大の快適度を与える方法にて、ビジネスパートナーとコミュニケーションを図る必要がある。

ブラッドリー氏は、アメリカのビジネスパートナーとコミュニケーションを図る場合、対面コミュニケーションが重要であると述べている。

リーター・スタジオにおけるコミュニケーション手段では、対面コミュニケーションを可能にする会議通話システムの活用が大部分を占めているという。

テレビ会議の活用によるメリット

ブラッドリー氏は、ローター・スタジオ創設当時、関係者を一ヶ所に集め、会議を開いていたと話す。アメリカにいるビジネスパートナーと業務を行うことが転機となり、テレビ会議を活用するようになったという。

アメリカでは家族と過ごす時間を重視する為、テレビ会議が好まれている。

ブラッドリー氏は、テレビ会議の導入により、アメリカのビジネスパートナーにとって最適な方法にてコミュニケーションを図れ、個々の予定も考慮できたと述べている。また、会議を目的とした出張に掛かる時間や費用を削減できる利点がある。

近年、ファイルトランスファーなどファイル転送サービスが展開され、ビジネスで活用されている。セキュリティの問題はあるが、業務の流れが円滑になり、業務の同時進行を可能にする利点がある。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会