話し方教室「対面コミュニケーションによる人脈作りの方法」(話し方ニュース東京)

人脈づくりは、対面コミュニケーションがカギ

人脈作りには、対面コミュニケーションが重要となる。例えば、ビジネスにおける対面コミュニケーションは、ビジネス交流会、社交的な場、ソーシャルメディア、会議などを介して可能になる。

「ザ・デイリー・リーダー」では、ビジネスにおける人脈作りについて紹介している。

ビジネス交流会は、企業のリーダー育成機会にもなる

ビジネス交流会は、参加者に対して、ビジネスに関する助言を得る、成功事例など知識を習得する、顧客や取引先を獲得する機会を与える。合わせて、新たな顧客や取引先などと意思疏通を図り、対人関係を構築する契機となる。

特に、新入社員、研修生や実習生、配置転換や異動した従業員に有益であるといえる。また、企業にとって、ビジネス交流会はリーダーの育成機会となる。

仕事、仕事以外、あらゆる機会で人脈を広げる

会議やセミナーは、同業者との関係構築に有益である。また、社交場での行事やイベントも人脈を広げる機会となる。

趣味のコミュニティやボランティア活動への参加、ビジネス講座の受講など仕事以外の場にて交流をもつことにより、新たな出会いが生まれ、ビジネスに繋がる可能性もある。

良好な人間関係構築で、人脈を拡大

初対面の相手と会話する際、コミュニケーション能力が非常に重視される。アクティブ・リスニング(積極的傾聴)を心掛け、自己紹介などの会話を通して、相手について理解することが重要となる。

相手への理解が、良好な人間関係を構築する。良好な人間関係の構築や人脈の拡大により、ビジネスに有益な情報が得られ、生産性を高める。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタップ委員会