話し方教室「ビジネスの世界で、女性は今でも発言に苦労している」(話し方ニュース東京)

職場で気軽に自分の意見を言える女性は、男性の半分

イギリスのビジネス向けネット・メディア「ハドルド」は9月11日、ロンドンの王立演劇学院の子会社、RADAイン・ビジネスが最近行った調査を紹介した。同社は企業向けにコミュニケーション・スキルのトレーニングを提供している。

調査によれば、男性回答者の15%が職場で自分の意見を気軽に言え、聞いてもらうことができると感じていたが、女性ではわずか8%が同様の回答をしたのみだった。

職場で自分の考えを表すことが絶対気楽にできないと感じた女性は男性より明らかに多かった。職場で男女が感じる発言しにくさに見られる違いは、特にIT, 法律や会計などの専門職、小売業、教育などの分野で顕著だった。

女性の意見を聞く努力とコミュニケーション・トレーニングを

調査結果は、女性が職場で男性と同じぐらい自信を持って自分の意見が言えるようになるまで、道のりがまだ長いことを示している。

働く女性たち自身の指摘によれば、自分たちの能力を信じ続け、上司に対して積極的に働きかける自信を持つことが大きな課題だという。調査では、相手が自分の言うことに耳を傾けてくれる1対1の会話形式の方が好ましいと答えた女性が多かった。

関係者は、組織が女性の意見を聞く努力をする必要があるとする一方、コミュニケーションスキルのトレーニングを受けることの価値を説いた。ちょっとした姿勢や息づかい、声の使い方などの工夫が、発言の効果において大きな違いを生むという。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション能力/話し方教室ニュース・スタップ委員会