話し方教室「コミュニケーションに困難がある子供には、言語療法が有益である」

言語療法の目的とは?

言語療法はコミュニケーションにおける問題を改善し、社会的能力・スキルの習得を促す。特に、コミュニケーションに困難さを感じる子供に有益であるといわれる。

「マム・ダズ・レビューズ」では、言語療法について論じている。

言語療法の領域と効果

言語療法は、発声発語機能だけでなく、言語機能、摂食・嚥下機能における問題を補う。

表出性言語障害・コミュニケーション障害(脳や聴覚器官などに異常はなく、話す能力のみが年齢相応に達していない状態)や感覚統合障害(感覚情報処理過程に問題があり、環境に適合した行動、運動、学習などが困難である状態)は、言語療法により改善するといわれる。

言語療法でコミュニケーションの苦手意識軽減、自信がもてる

言語障害は学習、運動、情緒面に影響を与える為、子供の言語療法は、早期に開始するほど効果が大きい。

子供は、言語療法を通して不鮮明な発音や間違った発声などを正すことにより、コミュニケーションに対する苦手意識が軽減し、自信をもてる ようになる。

また、言語障害では、摂食・嚥下機能に着目する必要がある。

摂食・嚥下に問題がある場合、顎、舌、唇は正しく使えず、口の動きに影響を与える。口が正しく使えない、動かせないことが原因となり、発声や発音の問題が生じる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/言語能力/話し方教室ニュース・スタップ委員会