話し方教室「がん患者の効果的な治療には、看護師のコミュニケーション能力が鍵」

患者と家族を結ぶ看護師の役割

オンコロジー・ナース・アドバイザーでは11月27日、臨床分野における看護師は患者と家族を結ぶのに最適な立場にあり、その役割を明確にするべきだという専門家の指摘を掲載している。

看護師のコミュニケーションスキルは重要

ニューヨーク州緩和ケアのイノベーション研究所・医学教育担当のグライゼン医師は、現段階では患者、介護者のメンタルヘルスや治療、管理に関する看護師の明確なガイダンスなどがほとんど存在していないと指摘している。

臨床に属する看護師は、ほかのスタッフよりも患者との時間を費やし、病状に関する質問にも答える、話し合うことができる立場にある。

また介護者の状態を理解できる立場でもあり、特に末期治療に関するアドバイスやサポートなど、看護師のコミュニケーションスキルは重要だとしている。

患者と、介護者、家族をつなぐ看護師の役割と責任とは?

患者、介護者のどちらにも存在する恐怖や負担などを避けるため、両者の関係強化を強化することはもちろんだが、ほかの家族とのバランスも考慮されなければならない。

研究者らは、家族のがん診断が、家族全員に影響を与えることも強く指摘している。

腫瘍学における看護師は重要だ。患者、介護者、家族の状況を評価し、家族会議を行うなど適切な役割と責任を担うべきであるとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタップ委員会/コミュニケーションスキル