日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

医療コミュニケーションの話し方教室|子どものコミュニケーション・感覚処理障がいは、技術的アプローチで

 
SPDの子どもにも、コミュニケーションの可能性
Open Access Governmentは12月11日、子どもたちの感覚処理障がい(Sensory Processing Disorder:SPD)の実態について概要を述べている。

テクノロジーの開発でコミュニケーションへの可能性が見いだせるようだ。


 医療コミュニケーション/イメージ画像:photoAC
 
感覚が敏感な子どもたちに、対処法はあるのか
この症状は聴覚や触覚、嗅覚などの感覚機能が異常に敏感であるため、感覚を享受する脳処理に問題が生じる。

刺激を受けやすく、応答性レベルが通常とは異なるため集中しにくいため、外部とのコミュニケーションがかなり困難になる。


SPDは自閉症や多動性障がいと診断されることが多く、あまり一般的ではない。

the American Occupational Therapy Association(米国作業療法学会)によると、すべての子どもの5%がSPDを持っており、社会生活に困難を強いられているという。


技術開発で、コミュニケーション改善の可能性
しかしテクノロジー・プラットフォームを開発することによって、子どもたちの敏感な聴覚に効果をもたらし、最終的にはコミュニケーションのサポートに役立つという。

オーストラリアのNuhearaは、子どもたちの聴覚機能を向上させる補聴器を研究・開発。またカリフォルニアのSMARTfit社では、マルチ感覚アプローチの開発に焦点を当て、脳の再編成を助ける技術を開発している。

また教育面での開発も行われており、環境を整えることで子どもたちのコミュニケーションが可能になる。今後の開発が期待される。

■関連リンク Open Access Government https://www.openaccessgovernment.org/


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会/医療コミュニケーション


コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。