話し方教室「医療従事者は偏見を修正し、患者との円滑なコミュニケーションを」

医療従事者のケアサービスに偏見はないか

ホスピタルズ・アンド・ヘルス・ネットワークスは12月11日、医療事業者のケアサービスについてアドバイスしている。患者との円滑なコミュニケーションは、隠された偏見を打開することだという。

医療従事者に求められる思いやりあるコミュニケーション

患者の健康ニーズを理解し有意義なケアプランを策定するためにも、医療事業者は思いやりのある機密性の高いコミュニケーションが求められている。しかし民族だけでなく、経済的地位、宗教的信念、年齢、身体的特徴などの違いを持った様々な患者と関わる現実は複雑化し、対応が難しくなっている。

プロフェッショナル・リサーチ・コンサルタンツ社のチーフ・オフィサーであるメイプル医師は、まずは潜在的な偏見、思い込みなどの認識と修正、教育を行うべきだと話す。

教育とコミュニケーションスキルの訓練でチームワーク強化を

それには医療チームの関係を強化することだという。同じ目標の中で、互いの尊重、チームワーク、信頼関係は、優れたケアを提供する文化を作る。また個人の認識がケアや安全性にどのような影響を及ぼすのかを理解することにもつながる。

また注意したいのは通訳。通訳は情報提供を行ううえで有益だが正確さにおいてリスクも伴う。通訳とのパートナーシップ、活用方法を習得する必要があると述べている。こうした教育とコミュニケーションスキルの訓練を行いながら、積極的に改善していくことが大切だとアドバイスしている。

話し方教室の要点「医療従事者と患者とのコミュニケーションのあり方」

記事は、患者に対する「偏見」が、患者と医療従事者との円滑なコミュニケーションを妨げている。そしてそれが良質なケアを阻害していると述べている。

その打開策として、医療チームの関係を強化することが大事だという。同じ目標の中で、互いの尊重、チームワーク、信頼関係が築ければ優れたケアを提供する土台となると指摘している。

そのためには「教育」と「コミュニケーションスキルの訓練」を行いながら改善していくことが大事と結んでいる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/医療コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会