話し方教室「いじめをなくすために、子供が身につけるべきコミュニケーション能力」

いじめを止めさせる言葉を、子どもに記憶させておく

最新の神経科学分析によれば、優しさや感情移入を教えることを含んだ学校教育などが、いじめに関して、子どもの脳と考え方に変化をもたらすとしている。

いじめている人やいじめられている人とのコミュニケーションの仕方を、サイン・ウィットソン氏が1月1日のハフィントン・ポストの記事で紹介した。

子どもは、いじめの現場にいるときに大きなストレスを感じるが、この場合「助け」になる言葉を思いつかず、状況を悪化させる言葉を発したり行動にでたりすることが多い。

いじめ防止に関する教育などに携わるウィットソン氏は、いじめを止めさせる言葉をしっかりと子どもに記憶させておくことで、ストレスを感じているときでも、口からいじめを止めさせられる言葉が出るとし、「やめなよ。そんなこと良くないよ。」や「ねぇ、それはやり過ぎだよ。」などを例に挙げている。

いじめる人や見物者を解散させるのは社会的意識に訴える言葉

更に簡単にいじめを止めさせ、いじめる人とも対峙しなくて良い方法も子どもに教えられる。

「みんな、チャイムが鳴る前に教室にいないとだめだよ。」など、社会的意識に訴える言葉で、いじめの見物者を解散させ、その場でいじめを止めさせられるとしている。

その他にも冗談を言ったり面白いことをしたりして、ストレスを軽減させたり、話題などを変えることで、いじめは止められるとし、子どもに日頃からいじめを止めさせる言葉や、行動などのコミュニケーションスキルを教えておくことが重要だとした。

話し方教室の要点「いじめ対策としてのコミュニケーション能力」

ウィットソン氏によれば、子どもは、いじめの現場にいるとき「助け」になる言葉を思いつかず、状況を悪化させることが多いそうだ。

そこで対策として、いじめを止めさせる言葉をしっかりと子どもに記憶させておくことがポイントになるという。その言葉をいくつか引用しておこう。

「やめなよ。そんなこと良くないよ。」

「ねぇ、それはやり過ぎだよ。」

「みんな、チャイムが鳴る前に教室にいないとだめだよ。」

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会