話し方教室「起業家に欠かせないコミュニケーション能力とは?」(話し方ニュース東京)

起業家のコミュニケーション能力

平成29年12月28日、若い人々のアイデア、革新、起業家精神を涵養するビジネスブログのヤング・アップスターツに、起業家に必要なコミュニケーションスキルが記された。

起業家にとってコミュニケーションスキルは特に必要だ。起業家であれば、新たなビジネスを開始するまでに多くの人々に会わなくてはならない。すべてが、心地良い出会いではないだろう。

コミュニケーションスキルを学ぶことは、諸々の苦境から抜け出すことであり、いざビジネスアイデアを実行に移したとき、より長い間、ビジネスを成功に導いてくれるのだ。

論理的プレゼンテーション能力

人々にメッセージを早く効果的に伝えたいとき、「いかに早く話せるか」が求められているわけではない。

いかに早く結論を伝え、論理的にプレゼンできるかだ。自分自身を明瞭に表現することは、意識の簡明化にも役立つ。

傾聴するスキル

「ヒアリング」は、受動的に自然と耳にすることであり、「リスニング」は、積極的に聴くことである。相手は、積極的な傾聴者に対し、より共感的であり、自分の主張に興味を示してくれたという感情を抱く。

それがビジネスにおいて、健康的なコミュニケーション文化を育て、起業家を良きリーダーにする。

簡潔かつ明瞭に伝える文章力

eメールを発信することは、簡潔に自分の立場を明らか伝えることに役立つ。

それだけでは不十分で、慣れない書式、たとえば逆ピラミッド型(冒頭に主題や結論を述べ、しだいに尻すぼみになっていく書き方)を採り入れることはたいへん役に立つ。

ボディ・ランゲージを意識的に用いる

対人コミュニケーションの93%は言葉ではない。そのうち55%をボディ・ランゲージ(視覚情報)が占めるという心理学者アルバート・メラビアンの法則がある。

人々は、あなたが言葉を発する前に、外観、姿勢、様々なシグナルを無意識に処理し、判断している。起業家としては、これらシグナルに精通し、自信のオーラを纏うことを目標とすべきだ。

話し方教室の要点「起業家に欠かせないコミュニケーション能力のポイント」

起業家がコミュニケーションスキルを学ぶことは、長い間ビジネスで成功していくためには不可欠の要素である。これに異を唱える人はまずいないだろう。そのスキルのポイントは3つ。

1.簡潔明瞭なプレゼン力・文章力

2.傾聴力

3.ボディ・ランゲージ力

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会