話し方教室「言語療法は、高齢者の認知力やコミュニケーション能力を改善する」

コミュニケーション問題の解決に言語療法

脳梗塞や脳出血など脳卒中が起きた、頭部に外傷を負った場合、言語障害が生じやすい。

また、認知症患者、高齢者は、質問に対して返答できない、支援や援助を頼めないなどコミュニケーションに問題を抱えることが少なくない。

言語の適切な理解、表現が困難な状態において、言語機能を獲得・回復させるには、言語療法が効果的であるといわれる。

認知症や高齢者への言語療法の効果

言語療法は、医療、介護、福祉、学校教育の分野において、発声発語機能、言語機能、摂食・嚥下機能の改善を促す。

「ニュートン・デイリー・ニュース」によると、認知症患者や高齢者にとって、言語療法がもたらす効果は大きく、特に、認知力やコミュニケーション能力が改善されるという。

コミュニケーションに問題がある認知症患者が言語療法を受けることにより、コミュニケーションを司る脳機能を維持できる。

言語療法は、効率的なコミュニケーションを補助する

言語障害は、加齢を理由に生じる。高齢になると声帯や喉頭の筋肉が衰え、伸縮性が失われ、発声発語が困難になる。

言語療法では、発声練習を行い、発声発語機能を回復させ、効率的なコミュニケーションを補助する。

話し方教室の要点「言語療法の効果とは?」

認知症患者や高齢者への「言語療法」効果は大きいようだ。特に、認知力やコミュニケーション能力の改善に効果的とされる。しかし、問題も3つある。

1.担い手が少ない(人手不足)。

2.手間がかかる(時間不足)。

3.コストがかかる(お金不足)。

上記を改善することが望ましいが、少子高齢社会にあっては、いずれも大変困難な問題といえそうだ。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/医療コミュニケーション