日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|コミュニケーション能力の危機!これからは「デジタル・ダイエット」を

 
テクノロジーによるコミュニケーションスキルの低下
全米スピーチ・言語協会(ASHA)が1月8日に発表したところによると、テクノロジーの活用によって子どもたちのコミュニケーションスキルの低下が懸念されているという。

 
コミュニケーションスキル/画像:プレスリリース
 
放置すれば、次世代はコミュニケーション能力を回復できない
これは、消費者技術をビジネスとする業界の世界団体CES 2018で発表されたもの。

それによると、87%の子どもがテクノロジーに時間を費やしているとみられ、74%が会話や社会的な交流に悪影響をもたらしていると指摘している。


2016年の分析では、聴覚士や音声言語病理学者など500人を超えるASHAメンバーは、特定の技術を大きな音量で繰り返し使用すると、子どもの聴力が損なわれると懸念している。

最大の関心事は人間とのコミュニケーションが技術に取って代わってしまっていることで、専門家の68%は、このまま放置した場合次世代はコミュニケーション能力を回復できないほどのダメージを受ける可能性があるとしている。

デジタル・ダイエットで健康的生活を取り戻す
しかしハイテク業界との内外的な協力によって、ソリューションを見いだすことは難しくないと語る。実際に消費者技術協会でもASHAと連携し、「デジタル・ダイエット」のアドバイスを提供している。

健康的な生活のバランスを事例にした、コミュニケーションと普及型技術のイニシアチブへの取り組みが行われている。

■関連リンク AMERICAN SPEECH-LANGUAGE-HEARING ASSOCIATION https://www.multivu.com/

まとめ/話し方教室の視点:デジタル時代のコミュニケーションスキルのポイント
話し方教室:コミュニケーションスキルのポイント

人間同士の対面コミュニケーションが、技術に取って代わられつつある。このまま放置すれば、次世代はコミュニケーション能力を回復できないほどダメージを受けるかもしれない、という。

これは全世界の深刻は脅威になりつつある。ならばどうするか。その一つの案が、「デジタルダイエット」である。

でも、ダイエットだけではだめダメなのだ。さらに2つの視点が重要だろう。

①人に会え。会話しろ。

②もともとコミュニケーションスキルが拙い人は、スキルを学べ。



■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ワールドニュース・スタッフ委員会


コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。