日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

非言語表現の話し方教室|ビジネスに役立つ非言語コミュニケーションとは

非言語コミュニケーションについて
Tyler Morning Telegraphは、米国で1月18日に開催されたビジネスリーダー向けのB2B Expoを取材。その中で、非言語コミュニケーションの専門家によるスピーチについて取り上げている。

 
非言語コミュニケーション/イメージ画像:photoAC
 
相手のボディランゲージで感情を読み取る
この日、非言語コミュニケーションの専門家Hargrave氏がビジネスにおけるボディランゲージについて講演を行った。

ビジネスで交渉や会話を上手くすすめるためには、相手の感情を理解することが必要。それを助けるのは、相手のしぐさだという。


例えば交渉相手と握手をするとき、手を握った状態でまっすぐに腕を伸ばしている場合は交渉の余地を示すが、握手が下向きである場合は、厳しい交渉になる可能性があるという。

相手の手が下を向いているときは、彼らがあなたをコントロールしたいという意思があり、どのような話し合いになっても、切り札はこちらが出すという構えが感じられると話す。

自信がある(と見える)「非言語」表現を
氏の研究によると、人々のコミュニケーションの55%は非言語的だという。また38%は音声の変化であり、人は相手の言葉よりもしぐさや行動でメッセージを感じ取っているというのだ。

自身のしぐさにも気をつけたい。まず絶対に腕組みをしないこと、会話中の70%はアイコンタクト、30%は目を離し適度な距離感を維持すること、そして片手でどのように自信を示すことができるかだとアドバイスしている。

■関連リンク Tyler Morning Telegraph https://tylerpaper.com/

まとめ/話し方教室の視点:ボディランゲージのポイント
話し方教室:非言語コミュニケーションのポイント

相手の感情を理解するには、「言葉」よりも「しぐさ」が鍵になる。つまり、しぐさは口ほどにモノを言うのだ。だから自身の「しぐさ」にも注意したい。ポイントは3つある。

①腕組みしないこと。

②アイコンタクトは7割。

③握手はまっすぐに腕を伸ばして。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会 

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。