話し方教室「より良い関係を築くためのコミュニケーションスキルとは?」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションのコツ

バレー・ニュースでは1月23日、より良い人間関係構築のために、コミュニケーション能力が大きな影響を与えるというアメリカ・カウンセリング協会のアドバイスを掲載している。

男女のコミュニケーションの違いを理解したい

他の人との肯定的な関係、強いつながりを構築するうえで良いコミュニケーションは欠かせない。同記事では、そのために必要なコミュニケーションの基本をアドバイスしている。

同協会の研究では、集中と努力が必要とされるが、まず出発点として男女のコミュニケーションの違いを理解することが大切だという。女性に比べ男性は、気持ちを表現することに消極的であり、解決策を探すのが得意だが、中断したり諦めたりするのも早いと指摘している。

押さえたい、コミュニケーションの最低ライン

アイコンタクトも、簡単ではあるが対話をするうえで相手を理解する重要な要素。また「絶対に」「常に」などの強い表現、批判的な表現、皮肉な表現などを避けること。

また対話中のジェスチャーにも注意が必要だとアドバイスしている。冷笑する、目を泳がせる、腰に手をかけて威圧するなど、何げない態度がネガティブなメッセージを自動的に送ってしまうことになる。

まずはよく話を聞いて中立的な表現を維持することで、積極的なコミュニケーションへのチャンスが生まれるという。

話し方教室の要点「関係を築くコミュニケーションの基本ポイント」

より良い人間関係を築くのためには、コミュニケーション能力が大きな影響を与えるということは、おおよそ理解されているようだ。しかし、そのためのスキルは必ずしも明確にはなっていない。

ここでは、最低限3つのコミュニケーションの基本を紹介してある。

1.アイコンタクトを取ること。

2.強すぎる、批判的、皮肉な表現は控えること。

3.ジェスチャー・態度に注意すること。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/人間関係/話し方教室ニュース・スタッフ委員会