言語能力の話し方教室|幼児は、外国語でもコミュニケーションの機能を認識 - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

言語能力の話し方教室|幼児は、外国語でもコミュニケーションの機能を認識

幼児の言語習得過程における新たな洞察
米国を本拠地として科学関係のニュースを配信するScience Dailyは1月24日、幼児の言語理解に関するニューヨーク大学の研究を取り上げた。この論文はCognition誌に掲載された。

 
言語能力/イメージ画像:pixabay


言語習得には、「語彙や文法の理解」とは別に、情報交換を行う「コミュニケーションとしての機能の理解」が存在する。これまでの研究では、コミュニケーション機能の理解が、母語の理解を基盤として必要とするかどうかがはっきりしなかった。

実験では12カ月の幼児に、大人2人が会話をしてその場にある物体を取り上げて渡す様子を見せた。会話には幼児の母語である英語、全く経験がないロシア語やスペイン語、鼻歌のような音を用いた。

話し手が物体に手が届かないときに聴き手がそれを手渡す場面で、それまで扱われた物体と違う物体が取り上げられると、幼児は長い間物体を凝視した。同じ結果は外国語でも得られたが、ハミング音の場合は見られなかった。

コミュニケーション機能の理解は、母語の理解とは別に発達か
幼児は実験において、コミュニケーションが失敗したことを外国語でも認識したかのようだった。または、幼児がコミュニケーション機能の存在をなじみのない外国語にも感知しているとも考えられる。

12カ月の幼児はまだ外国語の単語を物体に結びつけることが容易にはできないが、外国語の会話でも情報交換がされていることは認識しているようだ。

■関連リンク Science Daily https://www.sciencedaily.com/ 

まとめ/話し方教室の視点:幼児の言語能力習得

話し方教室:言語コミュニケーションのポイント

言語の習得には、「語彙・文法の理解」とは別に、情報交換を行う「コミュニケーション機能の理解」が存在する。これまでの研究では、後者の理解は、前者の理解が前提になっているのかどうか、不明だった。

しかし、どうやら結論は出たようだ。コミュニケーション機能の理解は、(母語の)語彙・文法の理解とは別に発達していると。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。