話し方教室「聞き手に分かる話し方で、効果的コミュニケーションを」(話し方ニュース東京)

聞き手にわかる話し方のスタイルを

米国大西洋岸北部を本拠地とするシーコースト・オンラインは1月30日、コミュニケーションにおけるスタイルの重要さを説く記事を掲載した。

米国人が英語を苦手とする外国人と話す時、言葉が通じない失望が募るにつれて、声がさらに大きくなり発音がいよいよゆっくりになる。そんな例を見たことがあるだろう。コミュニケーションがうまく行くかどうかは言語や話題にも左右されるが、話し方の問題も欠かせない。

効果的なコミュニケーションにまず必要なことは、聴き手にわかる話し方をすることだ。もちろん聴き手の数が多い時には事前に最適なスタイルを決めることは難しく、聴衆の反応を見ながらその場で微調整する必要がある。

聴き手の言葉の情報処理パターンを理解して話す

同じ言葉を聞いても、人が考えることは同じではない。だから聴き手が言葉の情報をどう処理するかを知る必要がある。例えばテクニカルな人々は、図やグラフを見せると簡単に要点を理解する。しかし言葉に重きを置く人たちには、図やグラフは混乱を増すだけだ。

また、言葉を聞いて視覚的な連想をすることが不得手な人もいれば、一般的な言葉を聞いて視覚的な想像をどんどん膨らませる人もいる。情報を伝える時に大事なことは、できるだけ相手に合わせてスタイルを選ぶことだ。自分が得意なスタイルにこだわっても効果は期待できない。

話し方教室の要点「効果的コミュニケーションのポイント」

相手とのコミュニケーションがうまく行くかどうかは、言語や話題も関係するが、話し方のスタイルも大きく影響する。たとえば、声の大小、スピード、抑揚、表情、ジェスチャー、姿勢、動作などの用い方だ。

また、人間はおもしろいもので、言葉の情報処理パターンが人によって異なる。「同じ言葉」を聞いて、視覚でイメージする人。聴覚で音としてとらえる人。また皮膚感覚で体感する人など様々なのだ。

相手に合わせてコミュニケーションが取れるとは、上記のことを理解し、それが自然にできる人のことである。しかし簡単ではない。訓練するしかないのである。話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院で訓練されるのが一番だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会