話し方教室「起業家に欠かせないスキルの一つ!パブリック・スピーキング能力」(話し方ニュース東京)

パブリック・スピーキングの基本

ファイナンシャツ・ポストは2月12日、演説を上達させるポイントについて紹介している。

パブリック・スピーキングの基本はコミュニケーションであり、特別なスキルという考えを変える必要があるとしている。

スピーチやプレゼンテーションには準備が必要

演説とは常にステージに上がって大勢の前で話すことだけではなく、オフィス会議、プレゼンテーション、顧客とのやりとりなどすべてパブリックに話している。つまり必要なのはコミュニケーション・スキルだ。

ここではパブリック・スピーキング・スキルが必要とされる起業家などに向けたアドバイスを行っている。

良いスピーチやプレゼンテーションにはストーリー性があり、またボディランゲージや声の大きさや速度で相手を引きつけることが大切になってくる。しかしそれを実行するための準備が必要だ。

スピーチの専門家の助けを借りて実践する

例えばダイエットに栄養士、フィットネスにトレーナーが必要であるように、スピーチトレーナーやコンサルタントなどの助けを借りることが大切だという。そしてワークショップやセミナーなどに参加して、あがり症や緊張を克服することだと述べている。

またできる限りいろいろな人とコミュニケーションをとることをすすめている。特別なことがなくてもスキルを身につける機会はあらゆるところにあり、社内会議、顧客との電話、友人とのおしゃべりなどでもすべて練習につながるとしている。

話し方教室の要点「起業家のスピーチスキルのポイント」

起業家に欠かせない、スピーチスキルについて記事は述べている。

起業家は、チームを率いて仕事をする。また取り巻くステークホルダー(利害関係者)も多い。そこで、チーム運営と利害関係者への説明や説得に必要になるのが、スピーチスキルである。

自分一人でスピーチ、プレゼンスキルを訓練するのは骨が折れるし、ほんの少しのレベルアップにも、何年もの時間が必要になる。

そこで本学のような、プロのスピーチトレーナー、コンサルタントを活用されるのが大切と記事は言っている。

もちろん、プロを活用すればコストはかかる。「でも、それ以上のメリットを享受できればよい」。そう考えられる人には、プロの活用はお勧めだ。スクール選びさえ失敗しなければ、投資効果は俄然大きいのだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会