話し方教室「母親と娘が良質な関係を維持するにはコミュニケーションがカギ」(話し方ニュース東京)

積極的なコミュニケーションを心がけ、母親は娘と良い関係を

「話を聞かない」、「決断も下せない」、「十分な時間を与えない」ことなどで、娘と良質な関係が維持できていない母親が多くいる。

心理学博士であるロニ・コーエン・サンドラー氏などが、コミュニケーション方法の改善で、娘と良質な関係を維持できるとしており、テンポ・ドットシーオーの21日の記事でその内容が紹介されている。

結婚&家族相談士のリンダ・ミントル氏によれば、お互いが恥ずかしがって気乗りせずに、コミュニケーションをとるのではなく、積極的に会話を始めることが最初の一歩であるとしている。

こちらが動いたら相手も動きを変えるように、コミュニケーションはダンスだと認識し、決して一方的なものであってはならない。

聞くこと、理解すること、包み隠さず落ち着いて会話すること

コーエン・サンドラー氏によれば、娘と母親はお互いの考え方を理解することが難しいとし、会話を諦めるのではなく、落ち着いて包み隠さず会話をすることが、良いコミュニケーションをとる方法だとしている。

また、同氏は、「聞く」という行為が、相手に対し思いやりの気持ちを示すことであると指摘。しっかり聞いて、相手の伝えたいことを理解しようとする気持ちも大切だとしている。

話し方教室の要点「母と娘のコミュニケーションのポイント」

世の中には人間関係で悩んでいる人が少なくない。他人との関係もあれば、身内との人間関係で悩んでいる人もいる。

記事は、「母親と娘の人間関係」の改善について述べている。改善のポイントは、コミュニケーションの取り方にある。ポイントは3つだ。

1.落ち着いた雰囲気で会話すること。

2.一方的な話をしないこと。

3.(母親は)よく聞き、理解すること。

さらに、本学から二つ付け加えておこう。④対等な関係で会話すること。⑤うまくいかなくてもコミュニケーションを諦めないこと。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/親子コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会