話し方教室「仕事、人生に最も重要な能力とされるコミュニケーション能力を向上させる法」(話し方ニュース東京)

相手への敬意は、話をしっかりと最後まで聞くことから

シンプル・ライフ・ストラテジーズの運営者で戦略家でもあるゾーイ・ビー氏によれば、どんな行動や仕事であっても、コミュニケーションが最も重要な能力の一つであるとしており、コミュニケーション能力の向上方法を、ライフハックの9日の記事で紹介した。

相手が話しているときに話をかぶせたり、相槌を打ったりして、話を終わらせる方向にもっていく人がいるだろう。しかしこれは間違いである。

口を閉じて、相手の話をしっかりと最後まで聞くことが会話では大切で、結果的に相手を尊重していると示すことにもなる。自分ばかりが話していると、「一番重要な話をしているのは私だ」と主張していることになってしまう。

相手の話したことに理解を示す最高の方法とは?

また、コメントや意見を述べる前に、「つまりこういうことですね」など、聞いた内容を言い換えると、確認の意味のほかにも、ただ単に話を聞くだけではなく、相手の話したことに理解を示す最高な方法となる。

更に、相手の目をしっかりと見て話を聞くことで、興味を示すことができるとともに、他のものに気を取られることなく、自身の集中力などを保つことも可能だとしている。

話し方教室の要点「相手に敬意を示す話し方・聞き方のポイント」

自分のメッセージを相手に受け入れたもらうには、まずは「相手を尊重」する、つまり相手に敬意を示すことが大事だ。記事は、相手への敬意を示す「聞き方」と「話し方」について述べている。ポイントは3つある。

1.口を閉じ、相手の話を最後まで聞くこと。

2.聞いた内容を言い換えて、相手に理解を示すこと。

3.相手の目を見て、話を聞くこと。

上記の3点は、伝統的によく言われてきたことではあるが、この機会に改めて自分ができているかを振り返ってみることをお勧めしたい。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会