話し方教室「コミュニケーションスキルを改善する簡単で効率的な方法」(話し方ニュース東京)

話を理解したら、確認しあうことが大事

独特な戦略を構築する専門家であるロワイヤル・スクーデリ氏が、コミュニケーションは仕事やプライベートにおいても、必要不可欠で重要なものだとしており、コミュニケーション・スキルを改善する簡単で効率的な方法をライフハックの3月27日の記事で紹介している。

まず、話の内容を理解したら、お互い確認し合うことが大切である。一見面倒なことのように感じられるが、勘違いなどを防ぐことができるほか、相手にしっかりと話を理解していると示すことができる。

ポジティブな姿勢を保ち、建設的コミュニケーションを

ポジティブな姿勢を保つことは、建設的なコミュニケーションをするために非常に重要だと言える。建設的なやり取りをするには、不平不満などを表現せず、ネガティブにならないように心がけると良いだろう。また、言葉以外の部分にも注意を払う必要がある。

会話中のアイコンタクトの欠如や、落ち着きのない態度などを確認したら、生産的なコミュニケーションは不可だと考え、延期をしたり、可能であればなぜそのような態度を示しているのか、尋ねたりすることも必要だ。

話し方教室の要点「コミュニケーションのスキルを改善する方法」

記事は、スクーデリ氏のコミュニケーションスキルの改善法について述べている。そのポイントは3つある。

1.話し手と聞き手が、お互い話の内容を確認しあうこと。

2.ネガティブにならず、ポジティブな姿勢を保つこと。

3.相手の非言語要素(態度や振舞い)に注意すること。

上記のポイントは、特段目新しいものではない。コミュニケーションスキルに関して、「〇〇した方がいい」ということは、おおよそ言い尽くされているものだ。

しかし、「知っている」と「できる」は違う。私達は、上記がいつでも「できる」ようにならなければいけないのだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会