話し方教室「職場でのコミュニケーションについて、映画『アベンジャーズ』から学ぶ」(話し方ニュース東京)

ビジネスを成功させるにはコミュニケーションを円滑にして協力すること

ザ・ビジネス・ジャーナルズの2018年3月27日の記事で、モニーク・イエーガー氏は、ビジネスを成功させるためには、会社内でコミュニケーションを円滑にして協力することが不可欠で、組織内の全員が同じチームに属していることを認識する必要があると説いている。

これは、映画「アベンジャーズ」において、様々に異なる個性のあるスーパーヒーロー達が一丸となって連携して地球を救うストーリーと同じで、映画から学ぶことが沢山あるとのこと。

トップダウンあるいはボトムアップに拘わらず、コミュニケーションの良い組織では、丁重な意見の交換や建設的な協調作業で最善の結果が得られている。

目標を簡明にすること、信頼できる情報を共有し協調すること

第一に、目標を簡明にすることで、回りくどくならないようにし、新しく計画などを始める場合には、同僚などにあなたのメッセージを把握して対応してもらうことだ。また、憶測を避けて、元の情報源から論拠を確認し、偏見なく耳を傾けるのを厭わすに、互いに情報を共有して協調することが大事だ。

組織の地位に拘わらず、上司の信頼を得ようと振る舞う傾向が珍しくないが、部下を管理する能力のある上司はそう多くない。

話し方教室の要点「良いビジネス・コミュニケーションで、最善の結果を出す」

記事は、職場でのコミュニケーションのあり方を、映画「アベンジャーズ」に学べといっている。確かにそういう視点で映画を見れば、学べることも少なくないことだろう。

イエーガー氏のいうコミュニケーションのポイントは4つある。

1.目標を簡明にすること。

2.元の情報源を確認し、信頼できる情報を共有して協調すること。

3.偏見なく周りの意見に耳を傾けること。

ビジネスでは、報告、連絡、相談、打合せといったコミュニケーションがとても重要になる。それがキチンとできている組織は少ないのだが、ちゃんとできている組織は、間違いなく業績も良いものだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会