話し方教室「効果的にコミュニケーションを取る方法」(話し方ニュース東京)

様々なコミュニケーション手段の特徴

今や、数え切れないほどのコミュニケーション手段があるが、産業界で30年の間種々の職位をこなしてきたメイナード・ウェブ氏は、フォーブズの2018年3月30日の記事で、様々なコミュニケーション手段の特徴について述べている。

直接対面しての会話では、ボディーランゲージも含めて最も親密に意思の疎通を図ることができるが、時間や場所の限度がある。電話でも、リアルタイムで直接会話できるものの、お互いに時間の都合を調整する必要がある。

これに対して、Eメールや携帯メールは相手の都合を気にする必要はないが、文章の表現によっては誤解される虞がある。

電話で、よりスムーズにコミュニケーションを取る方法

ウェブ氏は、電話のベルを聞くたびに仕事が中断することが気になるため、誰に電話する場合でも、会話をスムーズにするために心掛けていることがある。

先ず、相手に電話して話を始める前に、都合を確認して、より良い時間を調整する。119番に緊急電話するのと違って、自分の都合の良い時間が、相手にも同じとは限らない。また、会話を手短にして、時間を浪費することなく、相手が必要な内容のみを伝えることだ。

話し方教室の要点「電話での丁寧なコミュニケーション」

ウェブ氏による、電話でのコミュニケーションの際の心構えは、以下の2つ。

1.まず話を始める前に、都合を確認し、よい時間を調整する。

2.話は手短にして、相手が必要なことのみ伝え、時間の浪費をなくす。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会