日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|話し方のタイプを知り、効果的コミュニケーションを

 
たいていの人は、話し方で二つのタイプに当てはまる
Business Management DAILYは4月9日、リーダーシップ・トレーニングの専門家による、話し方の分類方法の一つを取り上げた。
 
コミュニケーションスキル/イメージ画像:pixabay


自分の話し方はどんなタイプだろうか。多くの人は話し方によって二つの分類のどちらかに当てはまり、自分や相手のタイプを知れば、効果的なコミュニケーションが行えるという。

その一つは「低コンテクスト」タイプだ。

このタイプの話し方では言葉に焦点が絞られる。このタイプの人々は遠回しな言い方を嫌い、NOの返答を聞くことを恐れない。相手が誰であっても、自分が言いたいことを伝えようとする。


このタイプの人にとっては、メールでも面談でも変わりはない。沈黙を嫌い急いで埋めようとするか、あるいは会話を終わらせようとする。

お互いのタイプを知り会話をすれば、誤解や混乱を避けられる
もう一つは「高コンテクスト」タイプだ。

このタイプではコミュニケーションを大きな視点で捉え、言葉だけでなく身振りや声の調子、会話が起こった状況にも注意を払う。
こちらのタイプの人々は、間接的またはソフトな表現が多い。

人間関係を傷つけることや対立を避けるために、NOの返答を嫌う。自分のメッセージを相手に合わせて調整し、面と向かっての会話を好む。会話の非言語要素が乏しいメールでは、しばしば背後の意味で間違った解釈をしてしまう。


どちらのタイプにもそれぞれの長所がある。自分や話し相手のタイプをよく理解してうまく会話に取り入れれば、誤解や混乱を避けるために使えるだろう。

■関連リンク Business Management DAILY https://www.businessmanagementdaily.com/


まとめ/話し方教室の視点と要点:話し方のタイプと、効果的コミュニケーションのポイント

①「低コンテクスト」タイプ。
このタイプの人は、遠回しな言い方を嫌う。NOの返答を聞くことを恐れない。誰にでも、自分が言いたいことを伝える。メールでも面談でも変わりはない。

②「高コンテクスト」タイプ。
このタイプに人は、間接的またはソフトな表現が多い。NOの返答を嫌う。メッセージを相手に合わせて調整する。メールでは、しばしば背後の意味で間違った解釈をしてしまう。

コミュニケーションは、柔軟に行うのが基本だ。ワンパターンでも、ツーパターンでもない。記事は、2パターンに分けているが、少々乱暴だろう。

いずれにしろ、コミュニケーションのスキルの訓練はどなたにも必要なもの。効果的コミュニケーションをお望みなら、コミュニケーションスキル教育の名門校・日本コミュニケーション学院の話し方教室講座で学ばれるのが良いだろう。


■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。