会話・雑談の話し方教室「キャリアアップや人生に欠かせないコミュニケーション・スキルを改善する」(話し方ニュース東京)

会話で「えー」、「あー」などの「つなぎ」をなくす

友人や家族、そして同僚といった人たちとの関係性を高められ、キャリアアップだけでなく、人生全体で欠かせないのがコミュニケーション・スキルである。そのスキルを更に改善させていく方法を、ケイト・ハーベストン氏がチスパ・マガジンの23日の記事で紹介している。

まず、会話の中で相手の集中力などをなくしてしまう「つなぎ」を減らそうと、しっかり意識しなければならない。

自身でも気づかないうちに言ってしまう「えー」や「あー」など、いわゆる「つなぎ」があると、説得力や信頼性が欠けてしまい、相手も話の内容に興味をなくしてしまう。

会話では「話す」より、もっと「聞く」ことに集中する

特に緊張していたり、落ち着かなかったりするときに、人は常に話をしたがる傾向にあると言える。相手の話を最後まで集中して、しっかりと「聞く」会話をすることで、理解が深められ、相手との関係性を改善させることが可能だ。

また、より効率的に「聞く」ためには、話の最中に相手から目を離し、気を散らしてしまう携帯電話やパソコンなどを、遠ざけておくことも必要だとしている。

話し方教室の視点「会話・雑談のコミュニケーション・スキル改善ポイント」

1.友人や家族、そして同僚たちとの関係性を高められ、キャリアアップのみならず人生全体で欠かせないのがコミュニケーション・スキル。

2.会話の中で、相手の集中力をなくしてしまう「つなぎ」を減らす。「えー」や「あー」などがあると、説得力や信頼性が欠けてしまう。

3.相手の話を最後まで集中して、しっかりと「聞く」こと。それにより理解が深められ、相手との関係性を改善させることが可能。

他人との関係を良好にするには、話すよりも「聞く」こと。耳障りな話し方をなくすこと。これは当たり前のことだが、しばしば言われ続けていることを考えると、実際はなかなか「できていない」ということだ。

会話・雑談力のスキルをきちんと身につけたい方は、会話・雑談の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会