日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|話し方やコミュニケーション・スキルを鍛え、改善する

 
優れたコミュニケーション・スキルをみんなが持っているわけではない
コミュニケーション・スキルは仕事ではもちろん、人生全体でも必要不可欠なものである。

優れたコミュニケーション・スキルをみんなが持っているわけではないが、毎日鍛え、改善させることは可能だとして、その方法がThe Visual Communication Guyの9日の記事で紹介された。


話す内容とボディーランゲージをマッチさせることで、明確に物事が伝わる。高圧的・閉鎖的な態度に感じられる腕組みを避け、アイコンタクトを欠かさずに、オープンな雰囲気を作ることが重要だ。

また、話す内容をより簡潔にし、人によっては理解できない専門用語の使用を避けるべきだとしている。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像
 
健全で、効率的なコミュニケーションのために
相手に対して攻撃的な発言になってしまわないように、急いで話さず、思いついたことやアイデアを、頭の中でしっかりと考えたうえで発言するべきだ。

更に、相手の気持ちも尊重し、常に同等の立場から物事を話すことも大切。そうすることで、上からの目線での発言や、論破することもなくなり、より健全で効率的なコミュニケーションがとれるようになる。

■参照情報・文献等/The Visual Communication Guy


まとめ/話し方教室の視点と要点:コミュニケーションスキルを日々改善するポイント

話す内容とボディーランゲージをマッチさせることで、明確に物事が伝わる。腕組みを避け、アイコンタクトを欠かさず、オープンな雰囲気で。

話す内容をより簡潔にし、人によっては理解できない専門用語の使用を避ける。

急いで話さず、思いついたことやアイデアを、頭の中でしっかりと考えたうえで発言する。

相手の気持ちも尊重し、常に「同等の立場」から物事を話すことも大切。

健全で効率的なコミュニケーションのためには、たゆまざる鍛錬が必要である。完璧な人など皆無なので、日々反省しながら改善していくことが重要だ。

コミュニケーションスキルや話し方を改善したい方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。