話し方教室「バーチャルチームの成功は、コミュニケーションが鍵」(話し方ニュース東京)

仮想チームのコミュニケーション問題

5月14日のビジネス・ツー・コミュニティーでは、バーチャルチームに対する効果的なコミュニケーション・スキルについて紹介。テクノロジーの発展により増えて続ける仮想チームの問題に取り組む。

バーチャルチームのパフォーマンスは?

世界中で働き方の多様化が進んでいる。2016年のギャラップの調査によると、労働者の43%が同僚と違う場所で過ごしており、これらの31%がほとんどの時間を遠隔で仕事をしているという結果が出ている。

しかし同時にコミュニケーションへの問題にも向き合う必要がある。ワンポイント社の調査では、バーチャルチームの25%以上が効果を発揮できず、1年後にはパフォーマンスが低下することが明らかになっている。

バーチャルチームでは、メンバーは同僚に対する意識が希薄

バーチャルチームを成功させるためには、組織が仮想作業場、仮想職場を作成し、チームメンバーとの議論や対話の場を提供することが重要だと指摘している。しばしば労働者は同僚に対する考えが及ばず、尊重や互いの信頼関係を構築するのは非常に困難だ。

だから会議など議論できる体制を整え、チームでの作業であることを認識させ、組織はアクティブなリスニングスキルを身につけることが大切だと説明している。

そして組織側が伝えるべきことは迅速かつ明確さが必要だ。互いが表情や仕草など、視覚的な手がかりがないことは誤った解釈を起こす可能性もある。正直で目標を一つにする的確なアプローチが求められるとしている。

話し方教室の視点「バーチャルチームのコミュニケーションのポイントとは?」

1.2016年のギャラップの調査によると、労働者の43%が同僚と違う場所で過ごしており、これらの31%がほとんどの時間を遠隔で仕事をしているという結果が出ている。

2.ワン・ポイント社の調査では、バーチャルチームの25%以上が効果を発揮できず、1年後にはパフォーマンスが低下することが明らかになっている。コミュニケーションへの問題にも向き合う必要がある。

3.バーチャルチームを成功させるためには、組織が仮想作業場、仮想職場を作成し、チームメンバーとの議論や対話の場を提供することが重要である。

IT機器の普及により、人々の働き方や生活の仕方が変わってきている。それと同時に問題も起きて来ている。それがコミュニケーションの問題である。記事でも、仮想現実の中で、チームメンバーとの対話や議論をする場が必要といっている。が、しかし、である。

そもそもコミュニケーションの基本は対面、すなわち、実際に会って話すことにある。この対面のコミュニケーションスキルが低い人達に、バーチャル対話、議論の場を設けても意味はないことになる。

まず対面のコミュニケーションスキルを高めることが大事だろう。それなら、コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室で学ばれることが良い選択になるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会