話し方教室「中央銀行総裁がコミュニケーション改善に乗り出した」

銀行の透明性を高めるためのコミュニケーション

ブルームバーグは5月11日、ニュージーランド中央銀行の新総裁・エイドリアン・オア氏が銀行のコミュニケーション改善に乗り出したと掲載している。金融機関の近代化のためには、透明性を図ることが不可欠だと語る。

中央銀行が人々とコミュニケーションを取るのは画期的

オア新総裁は55歳。雇用問題や銀行の近代化を図る目的で、30年ぶりとなる改革への期待から投入された。彼のコミュニケーション・スキルは、前総裁ウィラー氏のメッセージを批判したことでも証明されている。

就任後最初の6週間で、氏は多くのメディア出演を行い、銀行・投資家・一般市民とのコミュニケーションに精力的だ。

現地のエコノミストも、中央銀行が人々とコミュニケーションを取るのは画期的なことだと述べており、明快な話し方とユーモアを交えた切り口で、中央銀行のコミュニケーション問題に正面から向き合っていると評価している。

開かれたコミュニケーションを期待

彼は、マスメディアや現地の各銀行との相互理解と尊重が必要であり、ハイテクやテクノロジーを交えた言語ではなく、平易な英語で会話をすることが、金融市場だけでなく一般市民の家計にもつながるはずだと主張している。開かれたコミュニケーションへの期待が高まる。

話し方教室の視点「広く支持されるためのコミュニケーションスキルのポイント」

1.オア氏は就任後最初の6週間で、多くのメディア出演を行い、銀行・投資家・一般市民とのコミュニケーションに精力的。

2.現地のエコノミストは、中央銀行が人々とコミュニケーションを取るのは画期的と述べ、明快な話し方とユーモアを交えた切り口で、中央銀行のコミュニケーション問題に正面から向き合っていると評価。

3.氏は、平易な英語で会話をすることが、金融市場だけでなく一般市民の家計にもつながるはずだと主張。開かれたコミュニケーションへの期待が高まる。

この世のありとあらゆる分野で、コミュニケーションが求められている。中央銀行でさえ、例外ではないのだ。オア氏は金融機関の近代化のためには、透明性を図ることが不可欠。そのためには銀行のコミュニケーション改善が必要と考えた。

何事も広く支持されるためは、平易な言葉で、分かりやすくコミュニケーションを図る必要があり、あなたのコミュニケーションや話し方が「分かりづらい」と言われたことがある人は、訓練された方がよい。

分かりやすいコミュニケーションなら、コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会