話し方教室「リーダーが、より良く『伝える』ために重要なこと」(話し方ニュース東京)

従業員を指導するコミュニケーション

ファーム・フューチャーズは5月14日、農業生産者が従業員に指導するためのコミュニケーションについて、注意すべき点をアドバイスしているのでご紹介しよう。

リーダーが従業員に「伝える」際に確認すること

農業生産者は多くのリーダーシップが求められ、コミュニケーションもその一つだ。

従業員に伝える際、考慮すべき事項がある。伝えた内容は、従業員によっては理解や解釈が異なるからだ。その内容を農業ビジネスサイト「モダン・ファーム・ビジネス」より抜粋している。

・「この人は何を知らないのか」
・「知らないことで影響はあるのか」
・「伝えた内容をこの人が証明するためには、何をしなければならないのか」
・「一緒に解決するためには何を議論しなければならないか」

ただし、これらを実際に従業員に聞くのではなく、リーダー自身が何をしたいか明確に伝えることが大切だという。リーダーの目標を知ることで、従業員はより自信を持って業務を行うことができるからだ。

話し方教室の視点「リーダーがより良く『伝える』ためのポイント」

リーダーが従業員に伝える際、考慮すべき事項。

1.この人は何を知らないのか。
2.知らないことで影響はあるのか。
3.伝えた内容をこの人が証明するためには、何をしなければならないのか。
4.一緒に解決するためには何を議論しなければならないか。
5.そもそも、リーダー自信が何を伝え、伝えることで何を得たいのか、目標が明確になっているのか。

より良く伝えることは、なかなか難しい。日々努力していくしかないのだ。努力するにしても、その方向性が正しく、明確であることが重要である。

伝える力のレベルアップを図る必要がある方なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会