会話・雑談の話し方教室「家族間でオープンな会話をするために」(話し方ニュース東京)

親と子どもとの関係は、健康的で温かみのある「会話」で育まれる

家族間でのオープンなコミュニケーションは、愛情はもちろん、尊重していることも示すことができるほか、協力して問題解決などにもつなげられる。ロバート・マイヤーズ氏は、オープンなコミュニケーション環境をいかに構築するのか、チャイルド・ディベロプメントの16日の記事で紹介している。

お互いに一方的ではなく、「聞くこと」と「話すこと」を効率よく行うと良い。「聞くこと」は「話すこと」と同じくらい重要だと認識しておくべきだ。

家族の会話では、親が質問を工夫し、兄弟間の会話の時間も多くする

また、自由に回答できる質問を投げかけてあげることで、コミュニケーション・スキルの改善にもつながる。

「今日のピーターのパーティーは楽しかった?」と聞く代わりに、「今日のピーターのパーティーで一番面白かったことは何だった?」とすることで、話に広がりができるだろう。

更に、兄弟間の会話の時間をより多く設けてあげることも大切だ。兄弟や姉妹において、兄や姉が、弟や妹よりも話をしていまう傾向があるため、一方的ではなく、「会話」になるようにしなければならない。彼らのレベルにあった適切な言葉で話させることが、コミュニケーション環境を作るきっかけとなる。

話し方教室の視点「家族間のオープンな『会話』のポイント」

1.親と子どもとの関係は、健康的で温かみのある会話をしっかりすることで育まれる。お互いに一方的ではなく、「聞くこと」と「話すこと」を効率よく行う。

2.子どもに、自由に回答できる質問を投げかけてあげることで、コミュニケーション・スキルの改善にもつながる。

3.兄弟間の会話の時間をより多く設けてあげることも大切。兄や姉が、弟や妹よりも話をしていまう傾向があるため、一方的ではなく、「会話」になるように親が配慮する。

親子の関係は、「健康的で、温かみある会話で築かれる」。この指摘は重要だ。親が子供に対して、自然に、健康的で温かみある会話をしてきた家庭の子供は、他人に対しても、自然とそんな会話をするようになる。

しかし、逆もまた真なりで、子供の社会性に対する親の責任は、あまりにも大きいと言える。

自分の「社会性」や「会話力」に自信がない親御さんは、早急に、会話・雑談力の名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室で学ばれた方が良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会