日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|組織のコミュニケーションを妨げる、3つの要素とは?

 
組織でのミス・コミュニケーションの影響
CHIEF LEARNING OFFICERは5月16日、組織内のコミュニケーションについて調査を元にアドバイスしている。多くの企業がミス・コミュニケーションの影響を過小評価しているという。

 
ビジネスコミュニケーション/イメージ画像:photoAC
 
ミス・コミュニケーションの要因と対策
エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の組織コミュニケーション調査によると、ミス・コミュニケーションが社員のストレス、プロジェクトの失敗、売り上げなどに大きく影響しているという。

乏しいコミュニケーションの原因には、「コミュニケーションスタイル」、「責任の不透明」、「時間的圧力」の3つが多いと語る。

ミレニアル世代の約3分の1とX世代は、同僚や顧客とのアクセスにインスタント・メッセージを利用していると回答。それに対しベビーブーマーは12%のみだ。スタイルの違いに世代のギャップがある。

また仕事を持ち帰る、非生産的な会議の連続、締め切りなどが時間的な圧力をかけている。

しかし作業効率のために会議や電話、話し合いなどを減らせば、重要な情報が欠落してしまう。従業員の65%は対面でのコミュニケーションが情報を共有するのに効果的だとしており、これは世代に関係なく報告されているという。

チームの特色を理解してコミュニケーションを
リーダーは、従業員個人の違いを認識し、チームにとって効果的なコミュニケーション方法を判断することが大切だとしている。

■参照情報・文献等/CHIEF LEARNING OFFICER



まとめ/話し方教室の視点と要点:コミュニケーションのミスが起こる要因と対策

①ミス・コミュニケーションの原因には、「コミュニケーションスタイル」、「責任の不透明」、「時間的圧力」の3つが多い。

②従業員の65%は「対面」でのコミュニケーションが情報を共有するのに効果的だとしており、これは世代に関係なく報告されている。

リーダーは、従業員個人の違いを認識し、チームにとって効果的なコミュニケーション方法を判断することが大切。


どんなにIT機器やシステムを駆使しても、コミュニケーションのミスは起こりうる。結局は人と人との連携の悪さが、ミス・コミュニケーションの要因だ。

これを防ぐには対面コミュニケーションがポイントになる。しかしながら対面を重視すれば、業務効率は悪くなる。悩ましいのだが、ここはリーダーが対面とITのバランスを見極めるしかないだろう。

対面でのコミュニケーション・スキルに問題がある方は、
話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。