話し方教室「いかに顧客とのコミュニケーションを向上させ、成果につなげるか」

チームとクライアントとのコミュニケーションを向上させる

5月23日のフォーブズでは、「チームメンバーとクライアント間のコミュニケーションを向上させる方法」について、15人のエージェントが語った内容を掲載。その一部を紹介する。

クライアントとのパートナーシップ、メンバーシップ

彼らはチームが、クライアントとどのようにコミュニケーションをとっているか、知ることが大切だと語る。

たとえそれが非言語的な手がかりであっても、クライアントのニーズを理解する能力が高まれば、パートナーシップだけでなくメンバーシップも強力になるという。

コミュニケーションについて解決策や改善策を話し合うこと

彼らの多くは、クライアントとメールなどで済ませるのではなく、できるだけ電話や対面でのコミュニケーションを推奨している。顧客に耳を傾け、コミュニケーションの透明性を図り、良いことも悪いことも報告し合うことだ。

またプロジェクトの立ち上げから、クライアントを含む関係者を巻き込みミーティングを行うことだと話す。クライアントは誰が何をしているのか、具体的な作業を理解することができるため、結果的には信頼性が強まるからだ。

チームメンバーの一人に難しい顧客を割り当て、協力や調整を行う方法も紹介している。クライアントがメンバーの才能を評価すれば、双方のコミュニケーションが円滑になり、チームとの関係も良好になる。

そしてコミュニケーションについて、解決策や改善策を話し合う。正しい評価がチームとの関係改善にも役立つとしている。

話し方教室の視点「クライアントとのチームワークを構築するコミュニケーションとは?」

1.チームが、クライアントとどのようにコミュニケーションをとっているか、それをまず知ることが大切。連絡をクライアントとメールだけで済ませるのではなく、電話や対面でのコミュニケーションを推奨。

2.プロジェクトの立ち上げから、クライアントを含む関係者を巻き込みミーティングを行うこと。クライアントは誰が何をしているのか、具体的な作業を理解することができる。

3.チームメンバーの一人に難しい顧客を割り当て、協力や調整を行う方法も有効。クライアントがメンバーの才能を評価すれば、双方のコミュニケーションが円滑になりチームとの関係も良好になる。

自社の中だけのチームワークも難しいのに、顧客とのチームワーク構築は、なおさら難しいものがある。

しかし、チームとクライアントの協働がうまくいけば、双方のビジネスに大きな効果をもたらすことは間違いない。その顧客とのチームワーク構築のカギは「対面コミュニケーション」と「巻き込み」にある。

もし、メンバーの対面コミュニケーションに難があるのなら、リーダーはメンバーの対面コミュニケーション能力向上に取り組む必要がある。コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院東京が力になってくれる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室ニュース・スタッフ委員会