日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室|伝え方講座「効率的なコミュニケーションのためには環境づくりを」

 
静かな気が散らない場所でコミュニケーションをとる
職場などには効率的なコミュニケーションの妨げとなるものが多く存在する。優れたリーダーやコミュニケーターは、この障壁の存在をしっかりと把握し、適切に対処できる。多くのケースで、妨げとなっている例をMarlaTabaka氏が「Inc.」の11日の記事で紹介した。

コミュニケーションをする上で、雑音や気が散るものの存在は排除しなければならない。

窓越しに聞こえる道路の騒音はもちろん、デスクの上にある多くの写真などもよく目に入るものなので、集中力が散漫になってしまう。特に、重要な話などをするときは、可能な限り静かな場所を選び、周りの環境をよりシンプルにするべきだ。

 
伝え方講座/イメージ画像
 
自身の態度、姿勢、言葉、用語に注意して話す
会話の最中に足を必要以上に動かしたり、目を時折そらしたりすることは、相手に対し興味がないと伝えることになる。言葉はもちろん、自身の態度や姿勢に注意を払う必要があるだろう。

また、社内の同じ部署の人に対しては専門用語を使用しても問題ないが、取引先や他の業界の人と話すときに専門用語を使うと、相手が理解できず、スムーズなコミュニケーションが難しくなる。そのため、誰もが理解できる言葉を使用するように心がけると良い。



まとめ/話し方教室の視点と要点:効率的なコミュニケーションのためのポイント

コミュニケーションをする上で、雑音や気が散るものの存在は排除する。たとえば、窓越しに聞こえる道路の騒音、デスクの上にある多くの写真などもよく目に入るものなので、集中力が散漫になってしまう。

会話の最中に足を必要以上に動かしたり、目を時折そらしたりすることは、相手に興味がないと伝わる。言葉はもちろん、自身の態度や姿勢に注意を払う必要がある。また、専門用語の使用にも注意する。

コミュニケーションとは、相手と、言語および非言語で意思疎通を図ることである。一般に言語コミュニケーション、非言語コミュニケーションのスキルはたくさんあるが、基本的スキルは習得する必要がある。

それ以外に、伝わるコミュニケーションにとって大事になるのが、「環境づくり」である。話す前に「環境整備」にまでなかなか注意がおよばない人が多いが、ここは気をつけたいところだ。

さて、より良く伝わる話し方のスキル習得なら、東京に話し方教室の名門日本コミュニケーション学院がある。ここで訓練されるのが良いだろう。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。