日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室|ビジネスコミュニケーション講座「職場におけるコミュニケーションを改善するシンプルな方法」

 
コミュニケーションを改善し、働きがいと業績向上を
職場のコミュニケーションを改善することで、働きやすさや業績の向上などにつながる。シンプルなことを実践するだけで大きな結果を生むとして、その方法をBrian Appleton氏が、Business2Communityの11日の記事で紹介した。

会社にマネージャーや社長といつでもコミュニケーションをとれるように、「オープンドア方針」を導入することで、従業員がもっているアイデアや質問、問題をいつでもオフィスに入って投げかけられる。

また、上司はプロジェクトやミーティングで、従業員が積極的に声をあげられる環境を構築するため、「あなたの考えは何ですか?」や「プロジェクトに関与していると体感できていますか?」など、しっかりと声掛けをすることも大切だ。

 
ビジネスコミュニケーション講座/イメージ画像
 
ゴールを明確に、従業員の役割・責任を規定してコミュニケーションを改善
従業員に対し、その仕事における役割や責任をしっかりと伝えておくことが、職場のコミュニケーションやモラルの改善につながる。また、共通のゴールに向かって仕事をすることで、お互い信頼し合い、オープンなコミュニケーションがとれるようになる。

Society for Human Resource Managementが行った2015年の調査では、様々な面で尊重されている従業員は、「仕事への満足度」も高いことが分かった。

人の話をしっかり聞く姿勢を示したり、助けをいつでも求められる環境を構築したりと、会社をあげて取り組み、そういった企業文化をつくっていくことも必要だろう。




まとめ/話し方教室の視点と要点:職場のコミュニケーションを改善するポイント

マネージャーや社長といつでもコミュニケーションをとれるように、「オープンドア方針」を導入することで、従業員がもっているアイデアや質問、問題をいつでもオフィスに入って投げかけられる。

②上司は、従業員が積極的に声をあげられる環境を構築するため、「あなたの考えは何ですか?」や「プロジェクトに関与していると体感できていますか?」など、しばしば「声掛け」をすることもが大切。

従業員に対し、その仕事における役割や責任を伝えておくことが、職場のコミュニケーションやモラル改善につながる。また、共通のゴールに向かって仕事をすることで、信頼感やオープンなコミュニケーションがとれるようになる。

従業員の「働きがい」や、ビジネスの「業績向上」のためには良好なコミュニケーションが必須になっている。

そのためには、まずトップが「良いコミュニケーションで、良い職場をつくる」ことにコミットすることが最も重要である。あとは、管理職、従業員を巻き込んでいくのだ。

そもそもチームでの仕事は、仕事の専門能力と、コミュニケーション能力があってこそ成り立つもの。コミュニケーション能力に不安がある方は、なるべく早く解決すべきである。

しかし、一人で能力開発するには、あまりにも時間がかかる。そこで質の良いスクールを利用されるのが現実的だ。コミュニケーションスキルの名門校なら、東京に話し方教室日本コミュニケーション学院がある。ご利用をお勧めしたい。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。