話し方教室「より良いコミュニケーション・スキルを身につけるために改善すべきこと」(話し方ニュース東京)

話し方・聞き方のスキル:相手の目を見て会話する

コミュニケーション・スキルは仕事、そしてプライベートにおいても非常に重要な能力だと言える。より良い話し方・聞き方のスキルを身につけるために、改善すべきポイントをジョン・ペティット氏がCUインサイトの11日の記事で紹介している。

まず、そのコミュニケーションに集中していることを示すために、しっかりと相手の目を見て会話をするべきだ。全ての時間において、目を見ておく必要はないが、ほかのものに気をとられないことが重要なのである。

話し方・聞き方のスキル:ボディーランゲージや声のトーンをメッセージにマッチさせる

言葉以外にも、ボディーランゲージが、相手に何かのメッセージを送っていると忘れてはならない。大げさに身体で表現する必要はないが、自身が言っていることと、ジェスチャーをマッチさせると良いだろう。

また、声のトーンにも注意を払いたい。例えば、相手が良いニュースなどを伝えてくれているときは、驚きや喜びが伝わる声のトーンにするべきである。興味のない声のトーンで話すのではなく、少なくとも「それが聞けてうれしい」という気持ちを、表現できるようにするべきだ。

話し方教室の視点「より良い話し方・聞き方のスキルのポイント」

1.そのコミュニケーションに集中していることを示すために、相手の目をしっかりと見て会話をすること。

2.言葉以外にも、ボディーランゲージや声のトーンが、相手に何かのメッセージを送っていると忘れないこと。

コミュニケーションスキル(話し方・聞き方のスキル)には、言語スキルと、非言語スキルとがある。

上記で取り上げているのは、非言語コミュニケーションスキルである。話では言葉による「内容」だけが重要なのではない。言外の情報、つまり非言語情報も、それ以上に重要なのである。

言語、非言語、どちらのスキルも訓練を要する。しかし、小学校、中学、高校、大学でも教育されない以上、自分で意識的に訓練するしかないのが現状だ。

ただ、一人の訓練では、なかなか上達しない。そこで東京にある話し方教室の名門日本コミュニケーション学院のご利用をお勧めしたい。どのプログラムも即効性のある指導で評価が高い。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会