会話・雑談の話し方教室「夫婦の会話を改善するためのヒント」

言いたいことを、うまく言うスキルがないと喧嘩になる

世界のさまざまな宗教から啓示を受けてライフスタイル関係のニュースを配信する「ビリーフネット」は6月21日、夫婦のコミュニケーションを改善するためのアドバイスをまとめた。

夫婦間のコミュニケーションが十分でない場合、自分が言いたいことがうまく言えないと、理解を示さない相手を攻撃してしまう人が多い。

円満な関係を築くためには、コミュニケーション技術を向上させることが重要だ。

まず、相手の言葉を意識的に聞くことから始めよう。すぐ口を開いて攻撃するのではなく、相手が言いたいことを十分言えるように配慮しよう。

伝え方、伝えるタイミングを考える

ネガティブな感情を伝えなければならない時は、建設的な表現を選ぼう。

「今日も遅くなるの?残念だわ」と言うのと「家族のことを考えてない」と決めつけるのでは印象がまるで違う。たまには褒める言葉も、結婚生活の成功には欠かせない。

また、何か言いたいことがあっても、ふさわしいチャンスを選ぶことだ。相手に余裕がない時に複雑な話を始めても、良い結果は期待できない。

ケンカが多い夫婦にはコミュニケーションの問題があることが多い。効果的な会話法を学ぶことで、ハッピーで健康的な関係を築いていこう。

話し方教室の要点「夫婦のコミュニケーションを改善するポイント」

1.夫婦が円満な関係を築くには、コミュニケーション技術を向上させることが重要だ。そのために、相手の言葉を意識して聞くことから始めよう。

2.ネガティブな感情を伝える時は、建設的な表現を選ぼう。また、何か言いたいことがあっても、そのチャンスを選ぶことだ。相手に余裕がない時に複雑な話を始めても、良い結果は期待できない。

ケンカが多い夫婦にはコミュニケーションの問題がある。まず会話が少ない。次に伝え方、聴き方のコミュニケーションスキルに問題があるのである。

では、どうやって円満な夫婦関係を構築すれば良いのか。それには、まず、伝え方、聴き方のスキルを身につけること。次に、会話を増やすことになる。

くれぐれも、「会話を増やすのが先ではない」ので、ここはお間違えなく。なぜならコミュニケーションスキルが拙いまま会話を増やしても、喧嘩の数が増えるだけだからだ。

先に、コミュニケーションスキル!これが大事だ。幸い東京に話し方教室の名門校日本コミュニケーション学院がある。ここなら短時間でコミュニケーションスキルを向上させることが可能だ。ご利用になるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/コミュニケーションスキル