話し方教室「コミュニケーションは強力な『武器』にもなる!」

コミュニケーションで歴史も変わる

テンターフィールド・スターでは7月24日、コミュニケーションが人を尊重し関係を築くのに役立つという意見を掲載。コミュニケーションは歴史さえも変える力を持っているとしている。

「言語」が暗号として軍事戦略に活用された

同記事では、米国のあるコミュニティの牧師の意見を掲載。彼は第二次世界大戦中に活躍した兵士・フィリップ・ジョンストンについて語っている。

彼はアメリカの先住民、インディアンのナバホ族の子どもたちと遊びながら育ったため、彼らの言語を話すことができた。そしてこのナバホ族の言葉は、太平洋戦争において対日本戦の暗号コードとして利用される。

彼は徴兵されたナバホ族を訓練。彼らは「ウィンドトーカー」と呼ばれ、軍隊の通信戦略の一つとして強力な武器となったという。

日本軍もナバホ族の解読を試みたものの、その難しさからコードを破ることはできなかった。勝利への転換に大きく貢献したと語っている。

言葉、コミュニケーションで失敗する人生をやめる

牧師は、「人は多くのことで失敗するが、特に言葉はその一つである」というジェームズ3世の言葉を引用。コミュニケーションが、状況をコントロールする力を持っていると述べる。

現代もコミュニケーションが重要であり、学ぶことのできるスキルであることを強調している。

互いを尊重しながらコミュニケーションすることで、ウィンドトーカーたちのように、強力な関係を築くことができるとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会