人間関係・対人関係の話し方教室(東京)|デジタルリーダーに求められるものは、人間関係とコミュニケーション!

デジタルリーダーのリーダーシップとは?

CMSワイヤでは8月7日、成功するデジタルリーダーの特徴について掲載。最高デジタル責任者の重要性が増す中、求められるリーダーシップは他のリーダーとどのように違うのだろうか。

デジタルリーダーは対人コミュニケーションに努力を

デジタルリーダーはどうあるべきか、同記事では起業家や企業のリーダーにそのヒントを求めている。

その中で、ニューヨーク私立大学のバーク・カレッジ、マーケティング副教授であるヘヒト氏は、人間関係とコミュニケーションに焦点を当てている。

氏によると、デジタルリーダーは人間の本質から離れすぎてはいけないと語る。テクノロジーは感情や考え方を伴った人間によってサポートされているものであり、真のリーダーは人から学んで自身を成長させているという。

そこでデジタルリーダーは、テクノロジーに重点を置きすぎないように、人との日常的な対話に関して伝統的なリーダーよりも少しだけ努力する必要があると指摘している。意図的に対人コミュニケーションを育むこと、コミュニティ感覚を持つことだとしている。

デジタル社会のリーダーはデジタル戦略の明確なビジョンを

またデジタルビジネス・ソリューション会社インフォシス・デジタルに所属するバイロ氏によると、リーダーはデジタル戦略の明確なビジョンが必要だという。

誰もがやっているからではなく、何が必要か説得し情熱を伝えることが、組織をまとめ成功につながるとアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会